2018年秋季号

働くもののいのちと健康 No.77

<特集1>貧困・格差の広がりと依存症

  • 貧困・格差の広がりと依存症 ―依存症は自己責任か 編集部
  • 職場における依存症対策 ―主にアルコール対策から 金沢城北病院精神科部長 松浦 健伸
  • 貧困・格差を拡大するカジノ合法化の危険性 静岡大学教授 鳥畑 与一
  • たばこ(ニコチン)依存と働く世代の健康問題 北海道勤労者医療協会勤医協中央病院副院長 呼吸器センター 副センター長 中野 亮司
  • 差別なく一人ひとりの人権が尊重される社会に ―女性と依存症― ひめしゃら法律事務所弁護士 杉井 静子
  • 広がる子どものネット依存を考える 全日本教職員組合中央執行委員 糀谷 陽子
  • SDHとは何か、依存症はSDHなのか 宇部協立病院内科 野田 浩夫

<特集2>職場の労働安全衛生活動

  • 優れた経験から学び、働くものの立場からの「働き方」改革を実現しよう 働くもののいのちと健康を守る全国センター
  • 川崎協同病院の労安活動 ―職場巡視と腰痛対策を中心に 川崎協同病院労働安全衛生委員会 長谷川 貴子
  • ユーコープの職場の労働安全衛生活動について ユーコープ労働組合前中央執行委員長 福田 裕行
  • 浜松市職員組合の労働安全衛生活動を通じた職場環境と労働条件の改善 自治労連静岡・浜松市職員組合 執行委員長 良知 信一

<講演>

  • 遅れ続ける日本のアスベスト規制 ジャーナリスト 井部 正之

<寄稿>

  • 全日本民医連「暮らし、仕事と40歳以下2型糖尿病についての研究」から働き方と糖尿病との関係を考える 石川勤労者医療協会城北診療所 所長 莇 也寸志

<連載>

<地方センター奮闘中>(12)

  • 北九州地域における労働安全衛生活動の担い手づくり 北九州労働者の健康問題連絡会議

<essay>

  • あなたが自慢できるものはなんですか 働くもののいのちと健康を守る全国センター事務局次長 井之上 亮

<学会情報>

  • 第91回日本産業衛生学会メインシンポジウム 健康格差 ―職域における社会的処方箋の可能性 福岡医療団理事長 舟越 光彦

<海外雑誌紹介>

  • 「hazards」(22)  西松 隆志
  • 「非正規労働」(韓国)(8)  金直沫(キム・ジクス)

<本の紹介&映画の紹介>

<編集後記>

《表紙絵・岩月 五郎》

一覧へ

発行年